安全基準と安全規約

経験の必要ではありません。私達は同じレベルの方たちでツアーを催行していきます。ツアーに出発する前に安全についての説明、乗り方の説明を行いその後簡単な操作を行って頂いた後に本コースへと入って行きます。 安全性の高い馬具を使用しております。ブレイジングではプロやレクリエーションライダー用に設計されたクイックリリースメカニズムを持つ安全な「あぶみ」などを使用する事によってオーストラリアの乗馬協会より「安全な乗馬施設」と認定を頂いております。

事故の危険性を減らす為の最善の方法は、経験豊かなスタッフを雇用し、高水準の安全性を彼らに訓練させる事であると私達は考えています。私達はそれぞれの馬の個性を熟知し、馬とライダーがマッチする様に”馬と安全についてのプログラム”を行っています。

ブレイジングサドルズが誇るツアーの優れた安全性を維持させるには、沢山の事前準備とスタッフへの十分なトレーニングであり、それがアクシデントを避ける為の一番の方法であると理解しています。
「一頭一頭家族の様に世話をしているので、馬は最善の状態に居ます。」
「担当獣医 – マーリンコースト動物病院」
ブレイジングサドルズは、現在オーストラリアの乗馬業界で設定されている最も高い安全基準の証明書を受け取りました。これらの2つの証明書は成し遂げるのがとても難しく、これらは安全性やコンディションが最も高い水準である事を意味します。
ブレイジングサドルズが取得した証明書の項目には以下の物が含まれます:
  1. 安全なあぶみ  -新しい安全なあぶみの取り付け。ライダーの足を落馬した際にあぶみに引っかかるのを防ぎます。
  2. 歩行ガイド  -ガイドの1人がどんな状況でも援助出来るように、ライダーと歩いていなければなりません。
  3. 一般道へのアクセス   -乗馬コースは絶対に一般道に入ってはいけない。これは、馬が驚き、パニックに陥るのを防ぎます。
  4. 馬の選択  -落ち着いた馬や穏やかな馬など、初心者でも乗れるものを選ばれなければなりません。元競走馬を決してツアーに使ってはいけません。
  5. スタッフトレーニング  -全てのリードガイドは、救急救護の資格を保持し、経験豊かなライダーでなければなりません。日本語(または他の言語)スタッフは、日本語の馬に対して高水準の能力を身に付け、安全にお客様を案内出来るようにする為にも訓練しなければなりません。
  6. グループサイズe  -1つのグループに最大12人まで、1人の乗馬ガイドと1人の歩行ガイドが付きます。ブレイジングサドルズでは1人のガイド(歩行ガイドを含む)が連れていける人数を4人と決めています。
  7. サドルを止める2つのベルト  -全てのサドルには必ず2つのベルトを使用します。最初に付けるベルトは主な胴回り(下腹部)を締める物、そしてもうひとつは最初のベルトをバックアップします。
  8. 参加者のレッスンと能力  -ツアーに参加される方は必ず安全レッスンを受けなければなりません。また、経験を伺いますが、正確にお答え頂きます。また参加の前に事前に免責同意書をお渡ししますが、この同意書に必ずサインをして頂きます。
  9. 緊急処置  -緊急処置用具は定められた場所に設置し標識の周りには何も置かない事。さらに、その為の施設を近くに設ける必要があります(例:救急車停留所)。
  10. 保険  -管理人は、オーストラリアの政府が定めた、公的義務と個人保険の証明を保持しなければなりません。この証明書は、エージェントを通して定期的にチェックしなければなりません。